銀行・信用金庫 サービス解説

【オリックス銀行のメリット・評判】好金利定期預金、他行宛て振込手数料無条件で月2回無料、金銭信託が魅力のネット銀行。

投稿日:

好金利の定期預金が魅力のオリックス銀行について解説します。

[最終更新日:2022.10.3]定期預金金利改定。

スポンサーリンク

オリックス銀行

オリックス銀行の概要

  • オリックス銀行株式会社
  • 公式ホームページ
  • 本社 : 東京都港区
  • 設立 : 1993年8月23日
  • オリックス株式会社の100%出資

 

主な特徴

通帳だけでなくキャッシュカードもないネット専用銀行(eダイレクト預金)

ネットが使えない方は郵送でも取引可能(ダイレクト預金)

他の銀行のようにステージ制など複雑な仕組みは無く、他社宛て振込手数料、無条件で月2回まで無料

キャンペーン時だけでなく、定常的に他のネット銀行より好金利の定期預金

 

eダイレクト預金とダイレクト預金

オリックス銀行には、「eダイレクト預金」と「ダイレクト預金」の二つの口座があります。

 

eダイレクト預金

インターネットでの取引専用の口座です。

普通預金に加え、2週間、6カ月~5年の定期預金に預入が出来ます。

 

ダイレクト預金

別名「通販型定期預金」。6カ月~5年の定期預金に預入が出来ます。

申込書を郵送し、現金を口座に振り込むことで定期預金を作成できます。

その後、定期預金証書が郵送されます。

 

どちらの口座を開設したらよいの?

このサイトをご覧になっているという事はネットが使える環境にある筈ですから、eダイレクト預金をお勧めします。

基本的に、定期預金金利も、ダイレクト預金よりeダイレクト預金の方が高めに設定されています。

*以下「eダイレクト預金」について説明・解説します。

 

口座開設

  • 日本全国どこでもネットでの口座開設が可能。
  • ネット(下記をクリック)で必要事項を入力し、
    (1)本人確認書類をアップロード(アップロードの場合、郵送は必要なし)
    (2)郵送で手続き(プリンターで印刷したものを送付するか、申込書を郵送してもらい、それを再度、送付。)
    の二つの方法から選択できます。

 

入金・出金方法

キャッシュカードがありませんので入出金は銀行振込になります。

 

入金

オリックス銀行の普通預金口座に他の銀行からの振込で入金します。

振込手数料は本人負担となりますので、振込手数料無料の銀行を使いましょう。

 

出金 ~振込手数料無料~

これもオリックス銀行から、他の銀行への振込で行います。

無条件で月2回目まで無料です。

他の銀行のようにステージによって無料振込回数が増えるようなサービスはありません。

 

キャッシュカードがないと不便?

オリックス銀行はメインバンクとして使うのでなく、あくまで定期預金専用銀行として使えば、キャッシュカードがなくても特に不便に感じる事はありません。

定期預金専用なら振込回数も無料の2回で十分です。

 

円預金金利

好金利の定期預金 ~eダイレクト預金~

金利は原則毎月1日、15日(休日の場合は翌営業日)に見直されますが、ボーナス時期などのキャンペーン期間中だけでなく、いつも高水準な金利なのがオリックス銀行の最大の魅力です。

ただし、最低預入金額は100万円です。

 

ボーナス時期以外も好金利

他のネット銀行はボーナスキャンペーンが終了すると大幅に金利がダウンしますが、オリックス銀行はボーナス時期以外も好金利です。

現時点の金利は下表のようになります。

*2022.10.3に金利が改定されました。

eダイレクト定期預金金利  2022.10.3時点
預入期間 スーパー定期 スーパー定期300 大口定期
100万円以上 300万円以上 1,000万円以上
6カ月 0.10%
1年 0.15%
2年 0.15%
3年 0.25%
5年 0.28%
7年 0.30%

*現時点では預入金額によって金利は変わりません。

地方銀行・信用金庫のネット支店にはもっと金利の高い銀行がありますが、振込手数料無料のサービスがないなど利便性に劣ります。その点、オリックス銀行2回まで振込手数料無料ですので、金利の高さに加え利便性をも重視するならオリックス銀行の定期預金は非常に魅力的です。

 

2週間定期

オリックス銀行のもう一つの魅力が2週間定期預金

ただ、以前は高水準な金利が魅力だった2週間定期ですが、現在(2022年10月3日)の金利は0.07%と低くなっています。それでも都市銀行の定期預金金利に比べると好金利です。

最低預入金額は50万円です。

 

 

オリックス銀行のeダイレクト金銭信託

オリックス銀行では、定期預金だけでなくeダイレクト金銭信託も取扱っています。

多少リスクをとっても定期預金より高い金利を期待したい方は検討されては如何でしょうか?

募集中のeダイレクト金銭信託は下記ページをご覧下さい。

 

まとめ

以上がオリックス銀行の解説です。

オリックス銀行はキャッシュカードがありませんが、振込手数料月2回無料と利便性も問題なく、そしていつも好金利の定期預金と、定期預金で着実な資産形成をしたい方にはお勧めできる銀行です。

勿論、管理人も口座を保有し、定期預金に資産の一部を預けています。

公式サイトオリックス銀行

 

スポンサーリンク

おすすめのキャンペーン・定期預金

新生銀行

新規口座開設者限定 円定期3カ月 年1.0%(税引前、2022.5.1金利アップ)。1年もの 年0.30%(税引前、2022.6.24新設)。
さらに新規口座開設限定特典として取引条件などに応じて最大8,000ポイントがもらえます。

公式サイト新生銀行

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前,2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も月2回以上無料と利便性も高い銀行。
「スマホで本人確認」を選択すると最短翌営業日に口座開設が可能。

公式サイトUI銀行

 
おすすめマネー本が無料で読める楽天証券

楽天証券

口座を保有しているだけで、おすすめマネー本が無料で読めるサービスを開始しました(電子書籍/楽天Kobo)。
楽天証券、楽天銀行の両方の口座を保有しマネーブリッジ(銀行・証券連携サービス/無料)を設定すれば楽天銀行 普通預金金利が0.10%(300万円まで)になります。

公式サイト楽天証券 (楽天証券・楽天銀行両方の口座申込が出来ます)

 

-銀行・信用金庫 サービス解説

Copyright© 銀行定期預金で資産運用 , 2022 All Rights Reserved.