銀行・信用金庫 サービス解説

新生銀行ステップアッププログラム 2022年5月改定・リニューアル予定

投稿日:

新生銀行のステップアッププログラムが2022年5月からリニューアルされます。

スポンサーリンク

新生銀行ステップアッププログラム リニューアル 2022年5月

移行スケジュール

下記の日程で新しいステップアッププログラムに移行されます。

新生銀行ステップアッププログラム

*画像引用:新生銀行公式サイト

2022年2月のステージは2021年10月~12月の取引条件により決まりますが(現行プログラム)、このステージが2022年3月、4月にも適用されます。

そして、2022年5月からリニューアルされたステップアッププログラムに決まるステージが適用されます。

 

主な変更点

  • シルバー、ダイヤモンドステージを新設。
  • 年1回判定、その判定で決まるステージを1年間適用

 

主な優遇サービス

リニューアルされた新生ステップアッププログラムでは、ステージに応じて主に下表のような特典・優遇サービスを受ける事が出来ます。

[スマホの方は横にスクロールしてご覧下さい]

スタンダード シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
提携金融機関
ATM出金手数料
110円/回 無料(*1)
他行宛て振込
無料回数
1
3
5
10
50
特別御礼
円定期預金
(3カ月もの)
(*2)
--- --- ---
0.50%

1.00%
円・外貨
定期預金金利
通常金利 金利優遇予定

(*1)セブン銀行、イーネット、ローソン銀行、イオン銀行、PatSat、VIEW ALTTEの場合
(*2)年1回だけ設定できる3カ月定期預金、500万円以上(予定)

ATM出金手数料、他行宛て無料振込回数は従来と変わりません(新設されたシルバー・ダイヤモンドを除く)

上表以外にも、プリペイドカードGAICAへの外貨チャージ手数料、外国送金の受取手数料、「Goレミット」海外送金手数料、住宅ローン事務取扱手数料、外貨為替手数料などの優遇があります。

スポンサーリンク

ステージ判定条件

1月~12月末までの取引状況で年1回判定し、ここで決まったステージが翌年2月~翌々年1月まで適用されます。

*リニューアル直後、及び新規口座開設後は判定条件・期間が異なります。

ただし、★マークのついている条件を達成すると、翌年を待たずとも翌々月からすぐにステージアップします。

スタンダード シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
預入れ総資産
年間判定残高
(*1)
--- 100万円
以上
500万円
以上
2,000万円
以上
---
投資資産
年間判定残高
(*2)
--- 10万円
以上
100万円
以上
300万円
以上
2,000
万円以上
預入れ総資産と
投資商品の
年間判定残高
(*1,2)
--- --- 預入総資産
100
万円
以上、かつ
投資商品

10万円
以上
預入総資産
500
万円
以上、かつ
投資商品

10万円
以上
---
住宅ローン
残高
--- --- --- 12月末時点
で残高有
---
住宅ローン
契約★
--- --- --- 新規契約 ---
対象商品の
取引金額★
(*3)
--- --- --- 100万円
以上
1,000
万円以上
ラグジュアリー
カードの利用 
--- --- --- 1回以上 ---
 給与振込★ --- 1回以上 --- --- ---
口座自動引落 ★ --- 6回以上 --- --- ---
プリペイドカード
GAICA利用 
--- 国内・海外
での
ショッピング
利用
10万円
以上
--- --- ---

(*1,2)年間判定残高は12カ月の各月末時点の預入金額のうち、低い2カ月を除いた平均
(*1)円普通・定期預金、外貨普通・定期預金、仕組み預金、投資信託など
(*2)外貨普通・定期預金、仕組み預金、投資信託など
(*3)仕組み預金の一部、投資信託、仕組債

 

投資信託などマネックス証券移管後の資産残高は判定条件に含まれるか?

新生銀行で保有している投資信託などは2021年1月4日(予定)にマネックス証券に移管されます。

マネックス証券に移管される投資信託もステージ判定対象になる予定ですが、マネックス証券で既に保有している資産、新たに購入した資産、さらに、マネックス証券では新生銀行で取り扱っていなかった投資信託も多くありますが、これらも判定対象になるか等、未だ詳細は未定との事。

分かり次第、本記事を更新します。

 

コメント、まとめ

2022年5月に新生銀行のステップアッププログラムがリニューアルされます。

スタンダードとゴールドの間にシルバーが新設されます。その分、ゴールドの条件が多少厳しくなった印象を受けます。

新生銀行を便利に使うには、シルバー以上が必須ですが、

シルバーでも多くのATMが無料で使え、他行宛て振込手数料が月3回無料と多くの方にとっては十分ではないでしょうか?

しかも、シルバーなら、給与振込だけ、あるいは総資産100万円と比較的容易な条件でステップアップできます。

シルバーでは満足できない方、次のゴールドを狙うには、総資産が500万円以上ない場合、投資商品保有が必須となります。今後、投資信託等はマネックス証券に移管されますが、その商品がどのように判定条件に加わるかがキーポイント。未だ不明な点が多々ありますので、今後、詳細が公表されましたら、本記事をアップデートしていきます。

 

 

スポンサーリンク

-銀行・信用金庫 サービス解説

Copyright© 銀行定期預金で資産運用 , 2021 All Rights Reserved.