銀行・信用金庫 サービス解説

【住信SBIネット銀行】外貨預金の為替コスト改定! ~米ドルは値上げ~

投稿日:2022年5月25日 更新日:

住信SBIネット銀行は外貨預金における為替手数料を改定します。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定

改定日

2022年7月25日(月) 0:00~

 

改定前後の為替手数料

全て円と外貨との為替コストです。

通貨により値上げとなるもの、値下げとなるものがあります。

*値上げを赤字、値下げを青字で表記。いずれも片道の手数料。

 

外貨普通預金、外貨定期預金

住信SBIネット銀行 為替コスト(外貨普通・定期)改訂  2022.7.25以降
通貨 外貨普通預金
改定前 改定後
米ドル 4銭 6銭
ユーロ 13銭 14銭
英ポンド 28銭 24銭
豪ドル 25銭 24銭
NZドル 25銭 24銭
カナダドル 25銭 24銭
スイスフラン 28銭 24銭
南アランド 14銭 19銭
香港ドル 5銭 5銭

SBI証券の米国株式売買にも使える米ドルは4銭から6銭へと値上されます。

一方で外貨預金で人気の豪ドル・NZドルは僅かながら引き下げられます。

 

外貨積立

住信SBIネット銀行の外貨積立では外貨普通預金、定期預金より為替コストが低く設定されています。

住信SBIネット銀行 為替コスト(外貨普通・定期)改訂  2022.7.25以降
通貨 外貨普通預金
改定前 改定後
米ドル 2銭 3銭
ユーロ 11銭 7銭
英ポンド 23銭 19銭
豪ドル 5銭 19銭
NZドル 23銭 19銭
カナダドル 23銭 19銭
スイスフラン 23銭 19銭
南アランド 12銭 7銭
香港ドル 3銭 4銭

外貨積立でも米ドルは値上げとなります。

また、豪ドルの為替手数料も大きく引き上げられます。

 

以上、住信SBIネット銀行の外貨預金、為替手数料改定のニュースでした。

主要ネット銀行の外貨為替手数料、及び外貨預金金利は下記ページをご覧下さい。

 

スポンサーリンク

おすすめのキャンペーン・定期預金

新生銀行

新規口座開設者限定 円定期3カ月 年1.0%(税引前、2022.5.1金利アップ)。1年もの 年0.30%(税引前、2022.6.24新設)。
さらに新規口座開設限定特典として取引条件などに応じて最大8,000ポイントがもらえます(2022.12.31まで)。

公式サイト新生銀行

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前,2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も月2回以上無料と利便性も高い銀行。
「スマホで本人確認」を選択すると最短翌営業日に口座開設が可能。

公式サイトUI銀行

 
おすすめマネー本が無料で読める楽天証券

楽天証券

口座を保有しているだけで、おすすめマネー本が無料で読めるサービスを開始しました(電子書籍/楽天Kobo)。
楽天証券、楽天銀行の両方の口座を保有しマネーブリッジ(銀行・証券連携サービス/無料)を設定すれば楽天銀行 普通預金金利が0.10%(300万円まで)になります。

公式サイト楽天証券 (楽天証券・楽天銀行両方の口座申込が出来ます)

 

-銀行・信用金庫 サービス解説

Copyright© 銀行定期預金で資産運用 , 2022 All Rights Reserved.