銀行・信用金庫 サービス解説

【住信SBIネット銀行】円普通預金からの定額自動振替サービス開始!

投稿日:

住信SBIネット銀行は、円普通預金から目的別口座、SBIハイブリッド普通預金口座への定額自動振替サービスを開始しました。

スポンサーリンク

【住信SBIネット銀行】円普通預金からの定額自動振替サービス開始!

サービス開始日

2021年6月17日

 

定額自動振替サービスとは?

住信SBIネット銀行 円普通預金からの定額自動振替サービス

画像引用:住信SBIネット銀行

円普通預金から、目的別口座(円普通預金)、およびSBIハイブリッド普通預金口座に、ご自身が設定した振替日に一定の金額を自動的に振替するサービスです。

振替元口座 代表口座 円普通預金
振替先口座 目的別口座(円普通預金)
SBIハイブリッド普通預金口座
振替日 毎日、毎週、毎月
最大設定数 10件
(一つの口座に対しては最大5件)
手数料 無料

*振替元口座は「代表口座 円普通預金」のみです。

 

目的別口座とは?

住信SBIネット銀行 目的別口座

画像引用:住信SBIネット銀行

ご自身でマイカー資金、教育資金などの目的別に口座を分けて管理できるサービスが目的別口座です。

口座名はお好きな名前を付ける事が出来ます。

目的別口座の資金はATMでの入出金、振込などが出来ませんので、それぞれの目的達成の為に着実に貯蓄する事が出来ます。

 

スポンサーリンク

SBIハイブリッド預金とは?

住信SBIネット銀行とSBI証券の銀行・証券連携サービスで、SBIハイブリッド預金の資金がそのままSBI証券の買付余力となる普通預金です。

また、SBI証券での売却資金、配当・分配金などもSBIハイブリッド預金に自動的に入金する事が出来ます。

さらに、通常の円普通預金より金利が10倍高くなっています。

*といってもSBIハイブリッド預金金利 0.01%ですが・・・(円普通預金金利は0.001%) [金利は2021.6時点] 

 

SBIハイブリッド預金で定額自動振替サービスを使用すると?

例えば、SBI証券で「つみたてNISA」などを利用し、毎月積立投資を行っている場合、今回サービスを開始した定額自動振替サービスを使用する事でより便利になります。

住信SBIネット銀行 円普通預金からの定額自動振替サービス

この例ですと、毎月3,3000円を円普通預金からSBIハイブリッド預金に毎月振替する事が出来ます。

後は、SBI証券で積立の設定を行っておくだけです。

 

 

以上、住信SBIネット銀行 定額自動振替サービス開始についてのお知らせでした。

住信SBIネット銀行は、SBI証券と同時に口座開設しSBIハイブリッド預金を開設すると、より便利に利用できます。

公式サイトSBI証券 (住信SBIネット銀行、SBI証券両方の口座開設が可能)

公式サイト住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は比較的容易な条件で他行宛て振込手数料やATM手数料が無料になるなど利便性の高い銀行です。詳細は下記記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

-銀行・信用金庫 サービス解説

Copyright© 銀行定期預金で資産運用 , 2021 All Rights Reserved.