銀行・信用金庫 サービス解説

【楽天銀行】マネーブリッジ設定での優遇金利(普通預金)改定。残高300万円以上は金利ダウン!

投稿日:2021年12月28日 更新日:

楽天銀行では、楽天証券との銀行・証券連携サービス「マネーブリッジ」を設定するだけで普通預金金利が優遇(アップ)されるサービスを実施していますが、この優遇金利が2022年4月に改定されます。

スポンサーリンク

楽天銀行 マネーブリッジ優遇金利(普通預金) 金利改定

改定日

2022年4月1日

 

改定内容(普通預金金利)

*金利は全て年利、税引前表示

楽天銀行マネーブリッジ普通預金優遇金利
300万円以下の部分 300万円超の部分
現行(~2022.3) 0.10%
改定後(2022.4以降) 0.10% 0.04%
通常金利(優遇適用前、2021.12時点) 0.02% / 0.04%(楽天カード引落有)

従来は(2022.3まで)、マネーブリッジを適用する事で、預入金額にかかわらず普通預金金利が0.10%となっていました。

これが、改定後は(2022.4以降)、残高300万円以下は従来と同じ0.10%が適用されるものの、300万円超の部分については0.04%にダウンします。

 

以上、楽天銀行、マネーブリッジ適用優遇金利改定のお知らせでした。

金利ダウンは残念ですが、それでも300万円以下は高金利が維持されますので、楽天銀行をご利用の方は楽天証券の口座も開設し、マネーブリッジを設定する事をお勧めします。勿論、マネーブリッジは無料で利用でき、設定もネットで簡単に出来ます。

公式サイト楽天証券 (楽天証券・楽天銀行両方の口座申込が出来ます)

 

尚、同様のサービスをauカブコム証券、auじぶん銀行でも実施しており、こちらは、銀行・証券提携サービス「auマネーコネクト優遇プログラム」で金利0.10%、さらにau Payアプリとの連携、及びau Payカード口座引落を加えると、普通預金金利が最大0.20%となります。詳細は下記ページをご覧下さい。

 

また、他の銀行の普通預金・定期預金金利ランキングは下記ページをご覧下さい。

 

スポンサーリンク

おすすめのキャンペーン・定期預金

新生銀行

新規口座開設者限定 円定期3カ月 年1.0%(税引前、2022.5.1金利アップ)。1年もの 年0.30%(税引前、2022.6.24新設)。
さらに新規口座開設限定特典として取引条件などに応じて最大8,000ポイントがもらえます。

公式サイト新生銀行

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前,2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も月2回以上無料と利便性も高い銀行。
「スマホで本人確認」を選択すると最短翌営業日に口座開設が可能。

公式サイトUI銀行

 
おすすめマネー本が無料で読める楽天証券

楽天証券

口座を保有しているだけで、おすすめマネー本が無料で読めるサービスを開始しました(電子書籍/楽天Kobo)。
楽天証券、楽天銀行の両方の口座を保有しマネーブリッジ(銀行・証券連携サービス/無料)を設定すれば楽天銀行 普通預金金利が0.10%(300万円まで)になります。

公式サイト楽天証券 (楽天証券・楽天銀行両方の口座申込が出来ます)

 

-銀行・信用金庫 サービス解説

Copyright© 銀行定期預金で資産運用 , 2022 All Rights Reserved.